SSブログ
2024年03月| 2024年04月 |- ブログトップ

名残りの桜de隙間電車。 [昨今鉄写真]

お江戸の桜もお終い~ってぇことで、瘋癲老人Cedarも桜写真を・・
花散らしの春の嵐が吹き荒れた翌日の4月10日、散歩&ランチに世田谷線沿線へ。
花202406 435707805_7345232668897151_3027735807064297353_n.jpg(1)最近ランチすることが多い松陰神社電停近くに、こんな場所を見つけました。ちいさな児童公園に桜が一本、その向こうに世田谷線。
まずやってきたのは「たま電車」なるラッピングお電車の三軒茶屋行き。花202403 7344972518923166_4749776098765213558_n.jpg(2)沿線に招き猫で有名な豪徳寺があるのに因んでのラッピングなのは、皆さんもご存じですよね。
桜の枝の木陰に子供を遊ばせてるお母さんもいて、お背中越しにお電車を~なんて思ってたら、怪訝そうにこちらをうかがってる様子なので、それは止めときました・・(汗)
花202404 435505152_7344972908923127_6830660708403067282_n.jpg(3)すれ違いにやってきた下高井戸行きはラッピング無し~と言っても世田谷線の300形はステンレス車体に7色(?)のカラーラッピングなんですけどね。
花202405 435559983_7345232475563837_1444803345041931601_n.jpg(4)線路の反対側からも1枚。
やはり前日の嵐でだいぶ散ってましたが、ぱっと咲いてぱっと散るのが日本人好みの桜ですから、まあ仕方無い。
線路沿いに移動し、世田谷電停脇の踏切へ、花202408 IMG_3596.jpg(5)オレンジの309+桜=逆光+遠すぎ=撃沈!(爆)花202409 IMG_3597.jpg(6)
ここでは、行きがけの越後屋バスの車内から見えた円光院というお寺の桜とお電車を絡めて撮れそうです。
花202410 IMG_3588.jpg(7)
うららか上天気の桜の道で隙間電車、歩く人の表情も穏やかですね。
BGMはこれで→https://www.youtube.com/watch?v=He6q4SdZN00花202411  IMG_3617.jpg(8)この道が狭かったころには、お寺の境内に幼稚園児のための豆汽車があったんですが、道路拡張で消えてしまいました。若者君たちが歩いてるあたりが終点だったかな?

花202401 435479609_7344972452256506_4595946760420790057_n.jpg(9)

お電車来ると踏切下がる、クルマ停まるとお電車被る、ってんで案外フレーミングが難しい~はい、瘋癲老人なりには考えてるんです(爆)。花202402 435498916_7344973005589784_2196307027182980487_n.jpg(10)で、この構図に落ち着いたところでやってきたのは玉電復刻色バージョン。
これが撮れたので、桜de隙間電車は終了しました。

・・・・

なんだ、たったこれだけかい・・・なんせご近所散歩&ランチのついでだったんで。

ポキ丼435484108_7345232698897148_3268082960699839913_n.jpg(11)オマケ写真はこの日のランチ、ポキ丼(ハワイ風づけまぐろ丼)でした。

ではまた。

続きを読む


nice!(10)  コメント(11) 

神戸なのに東京電鉄(?) [モケーもろもろ]

4月1週目の週末も、デカ重モケーを持って似非神戸市民してました。

AC062344-8DCA-4B0B-9130-8DDA4833E398.jpeg(1)7日の日曜日。桜咲く隠れ家最寄駅から三宮トアロードへ。
6FCAF96C-EA28-4C63-ACCD-6FC3AC941766.jpeg(2・3)7AF7DEDE-9433-41F3-B8CF-53B71B5F6579.jpeg神戸マダム御用達の紅茶やサンの上で「花よりモケー」の変人たちがお電車走らせる。所属クラブの例会です。
58CED150-D5F4-4ED2-90BA-36EA3E53CAA2.jpeg(4)そこに昨年オクでポチったガキ時分の憧れモケー持ち込んで、東京電鉄の神戸デビューを!82C4BB9A-A4A4-409D-97D1-C43FB01B78A5.jpeg(5)さらに同じタイミングで関西のメンバーNさんがポチったこちらも参戦!てことで・・

神戸なのに東京電鉄!94610F6B-3556-42B1-AFF9-18D1929206DD.jpeg(6)Cedarがガキ鉄のころ、亡父に連れていかれて大興奮した、神田交通博物館2階の運転会シーン再現だあ!

すれ違い動画もあります→F522A665-5556-4E84-B95D-F878FF6C94D0.jpeg(7)C482B3BC-CE26-46FC-BAA5-52B37F69AD91.jpeg(8)ちなみにどちらも製造は約60年前だと思います。

ウチのは誰が見ても京急230がベースの2両、同じく京急の窓+全長拡大スタイルが1両という、435515850_1890994171346588_8224115285620908639_n.jpg(9)ま、関西のお電車とはてっきり毛色が違うデザインですが、同じ港町の横浜を走っていたよしみで神戸でも走らせました・・・非公開とはいえ、例会前夜は隠れ家線でのならし運転もきっちりやりました。




Nさん所有のこちらは、車体も塗装もウチのとは対照的な関西スタイル、435475909_1890994244679914_9183764693277632712_n.jpg(10)新京阪P-6×参急2200という、お電車好きなら納得のフリーデザイン。
27D9532A-7B05-4200-8BC9-50757722E955.jpeg(11・12)7DB4EEBF-308B-413D-A61B-A3B86A20DB84.jpeg上方のもお江戸のも、同じ東京電鉄ですからエンブレムは共通~

てなわけで、神戸トアロードで東京電鉄っていう、何やそりゃ?


ところで、Cedarがこの骨とう品をお江戸からえっちらおっちら神戸に持ってきたのは、あちこち剥げたり黒ずんだり、ひび割れてるボディ塗装のレストア方法を、お仲間の皆さんに相談したかったんでした。D94F50A0-BDC0-4877-B116-C6D39A1C28BC.jpeg(13)

60年くらい前のペーパーボディですから、ブラスみたいにシンナードボンというわけにはいかないし、

ぴかぴかに塗り直すよりは、最低限の補修でオリジナルの味わいを残したいし、

2CB034DC-A2F1-422B-8314-0C287958F196.jpeg(14)例会の前々日に某板宿のOゲージャーの先輩&クラブの世話人Kさんのお店に持ち込んで、アドヴァイスお願いしました。08B2238A-10C0-4263-B02B-1F6F8980DD12.jpeg(15)
あ、こうなる前にきちんと相談しましたよ。
で、結論としてはぁ

★塗装の黒ずみは汚れではなく、塗膜そのものが変質しているのではないか?
★なので再塗装が必要ではないか?
★単に塗り重ねると剝がれるので、従来の塗膜に#800~1000のペーパーでキズをつけて塗装の喰い付きの台を作る必要があるのではないか?

というご託宣~ひえ~~~!こりゃまたびっくりの大工事!
9BB43354-F276-43B2-A24E-316CBF78D091.jpeg(16)しかも3両も、しかも色が缶プーに無いので、苦手のスプレーガンでやらないとアカン!

9C63100B-DF0F-4FE9-8E81-B190D6C120FD.jpeg(17)6月のクラブ公開運転会には、もっときれいなお姿&内装も復活させてお披露目の予定でしたが、にわかに往く処に暗雲が!

てなことで神戸デビューを果たしてお江戸に帰還したものの、はてさてどうなることやら?

ではまた。

nice!(9)  コメント(11) 

京濱電鉄品川駅の遺構。 [街人鉄写真]

どこもかしこも街壊し真っ盛りのお江戸市中、その中でも鉄に縁が深いのが品川一帯のスクラップアンドビルドですね。サスティナビリティもSDG’Sもどこへやら!金と利権の狂騒曲がここでも・・
881F11C4-C7B7-4BE4-B7EE-7F1679505F44.jpeg(1)瘋癲鉄爺Cedarは、このアホ看板↑やら再開発(なんて嫌な言葉!)とやらの進展・行方にも全く興味が無いので、早晩消えるであろう「戦前の遺構」を見に行ってきました。
0F73288B-093D-4484-94BD-20B40BD1412D.jpeg(2)昭和8年、湘南電鉄直通と前後して開業したときの京濱電鉄品川高架駅ホーム上屋が、ごくごく一部残ってるのは前から気になっていたのでした。
A786355C-730B-470D-A0E0-091D27E7CF48.jpeg(参考写真=ネコ・パブリッシング刊RMライブラリー「京急230形」上巻より)雑誌に掲載された大先輩杵屋栄二様のお写真にもしっかり写っていますね。浦賀行き湘南電鉄デ1はパンタ、後ろの京濱電鉄デ51はポールという・・・インタアーバン京濱電鉄、昭和8年品川風景に痺れます。

実地検証は3月30日の都営浅草線から、ケーセー車の羽田空港行き特急で品川へE26F4AF9-0F79-4564-AF0D-459042BE43EC.jpeg(3)

年度末の休日とあってなかなかの混雑、キャラの濃い駅員さんが(写真はありません)お立ち台から名調子のアナウンスを響かせるホームから見上げると、クラシックなホーム上屋と架線ビームが。277CD7D3-740A-4164-85C7-EF53827BD3A7.jpeg(4)ビームは同時期に開通した日の出町のと似たデザインですね。
日の出町03R.jpg
(5=2011年撮)

B896F639-A5AD-40B8-B68C-2505A4099421.jpegDAD7B327-4172-40E0-BBBD-DAF09C39564A.jpeg(6・7)今残ってるのはこの3径間分のみ、上下ホームを結ぶ跨線橋が出来る前はもっと数があったような気がします。DE4F1F01-ED4B-4A70-A20F-1B3C80AFADD5.jpeg(8)今は跨線橋部分でこのように上屋ごとバッサリ!

その跨線橋を渡って泉岳寺方面行きホームへ、こちらの乗客案内は尾根遺産駅員~32013FAA-6B03-4500-9B92-34A090BF1997.jpeg(9)思わずいつものアングルで撮ったりして・・

それはともかく、こちらにもオリジナルの鉄骨上屋支柱が残っています。62E04419-52BC-48F5-83BC-EF328C49406F.jpeg(10・11)2BCCE697-0245-4DDB-8638-29EDE033B4D3.jpegそして柱の横には尾根遺産駅員(またかよ)
F0D0D455-07A7-4E26-905B-77565E2736B9.jpeg(12)こちらはもともと島式ホームなんで、支柱は戸部のものと同じスタイル、D38973D6-B2BE-47EF-9A73-63DF36B8A114.jpeg(13=2018年撮)
昭和10年ころは都市鉄道の高架線が相次いで開通し、似たデザインの上屋支持鉄柱はココ↓にも見られます。IMG_1570.jpg(14=JR神戸・2020年撮)

お江戸に戻りまして、さらにウレシイのは杵屋写真でデ51が停まっていた線路跡部分の上屋の造作がはっきりわかることです。
10FBCD79-63ED-4BB1-99F1-35FF0869A301.jpeg(15)729F18C6-4641-4648-A23C-C40EEC45EC75.jpeg(参考写真)2本の架線(ポール仕様車の折り返しのため?)を支えていた部分ですね。今の1番線には木造車デ41の姿も見えます。

4D32015E-3D07-4871-A11A-A2F0D92BA0BB.jpeg(16)ここに2本の架線があり、ポールカーが出入りしていたんだなぁ・・・・こういうのに萌える架線フェチCedarです・・・・

とかとか、架線&鉄骨フェチレポートはこんなことなんです。4DC998EF-F5B0-4B5C-AFCC-354A809F776F.jpeg(17)最長12連が発着する長いホームのほんの2両分だし、興味ない人にはホントど~でもいいレポートですねえ。

京急品川駅は最終的には地上駅になるらしい、そしてその上にはまたまた超高層ビルだと!空も狭く汐留みたいに江戸湾の空気も遮られ、高輪台地もヒートアイランドになるってことです!(参考画像=どっかのHPから)ええィもう勝手にしやがれ!どうせそのころには、オイラ生きてないかよぼよぼで歩けないかどっちかでしょうからカンケー無いし・・・
江戸時代からの高輪の風致なんか糞喰らえっ!ていう罰当たりな「交通結節点造り」だよなあ、なんて考えてたら不機嫌になってしまった。B742048E-4FAD-449D-BEDB-4D68369A6C22.jpeg(18)なので、快特で横浜までカッ飛んで憂さ晴らししましたとさ。

ではまた。



nice!(9)  コメント(8) 

2024年03月|2024年04月 |- ブログトップ